若年層のAGAの症状、原因

AGAの代表的な症状

AGAというと中年以降の男性に発症することが多いと思われがちで、実際30代から40代以降に多いのは事実です。しかし、20代前半など若い人でも悩まされている人は多いです。
AGAの代表的な症状ですが、前頭部もしくは頭頂部のいずれか、その両方の毛が抜けて薄くなるというものです。ある日突然薄くなるというのではなく、抜け毛が増え髪がどんどん細くなって薄く見えてくるというケースが多いです。実際、AGAの人の薄くなった頭部を見ても完全にツルツルではなく細い産毛のようなものが残っているケースは少なくありません。
側頭部や後頭部はAGAの影響を受けない部分になりますので、側頭部や後頭部が薄くなっている場合はAGA以外の脱毛症の可能性が高いです。

なぜ若い人にAGAが増えている?

AGAは若い人にも増えているのですが、その原因はどこにあるのでしょうか。
AGAは男性ホルモンと体内の還元酵素の影響で引き起こされる脱毛症なのですが、このAGAはストレスや生活習慣の乱れによって症状が加速したり発症のリスクを高めると言われています。
現代の日本はストレス社会と呼ばれるように、会社や学校、家庭内などストレスのかかるシーンが非常に多いです。ストレスがかかることによって、自律神経のバランスが崩れてしまう人が多いのです。自律神経のバランスが崩れることによってホルモンバランスの乱れに繋がっていくので、若い人であってもAGAになりやすくなっていると言われています。
他にも食生活や喫煙などによって薄毛になりやすいと言われています。