女性のAGAが目立たない髪型は?

髪の毛は女性の命です

AGAと言えば、「男性薄型型脱毛症」ですよね。女性の場合は「FAGA(女性男性型脱毛症)」と言い、男性と女性とでは、髪の毛の薄くなり方が異なっています。男性の場合は、頭頂部がカッパのお皿のように薄くなってしまう「O型」、額の生え際から薄くなってM字型に薄くなってしまう「M型」の2つに大きく分かれます。女性の場合は、男性のAGAとは違い、局部的な脱毛ではなく、頭皮全体の毛が抜けてしまう傾向があるため、「髪が細く弱り、全体的に薄くなる」のがFAGAです。薄毛で悩んでいる女性は近年増加傾向にあり、国内でおよそ「600万人」ということです。髪の毛は女性の命です。薄毛は男性のものだと考えていたり、若年層の方は、薄毛になってしまった時のショックが計り知れないでしょう。今回は、女性のFAGAが目立ちにくい髪型を紹介したいと思います。

薄毛が目立ちにくい髪型3選

女性の場合は、男性のように髪の毛がなくなるわけではありませんが、髪の毛が全体的に薄くなることで、つむじ、分け目、生え際が目立つようになります。
・分け目を変える
長期間同じ分け目をしていると、その部分の頭皮が硬化していき、毛根の成長を妨げてしまいます。流す方向を左右だけでなく、前髪から少し後ろ気味に流すと、分け目が目立たなくなります。
・ショートヘア
ショートヘアは、薄毛に悩む女性の強い味方です。髪の毛が短いことで、毛の重さが軽くなり、頭皮に負担がかかりにくいだけでなく、薄毛の進行もやわらぎます。分け目をなくすセットのしやすさや、スタイリングによってボリューム感を出しやすいのが特徴です。
・アップスタイル
前髪をあげることで、頭頂部の薄毛を目立たなくする効果があります。前髪があまりなくても、薄いという印象を持たれないのも高ポイントです。前髪を切りたくない場合に、アップにすることで解決できます。