AGAとは?AGAになったらどうなる?

ご存知ですか?AGAが起こるメカニズム

成人男性の薄毛で最もよく見られるのがAGA(男性型脱毛症)です。額の生え際や頭頂部のどちらか、もしくは両方の髪が薄くなるのがAGAの大きな特徴で、全体的にまばらに薄くなるということはありません。進行性ですので、何もケアしないでいるとどんどん薄くなっていきます。AGAを発症する最大の原因は男性ホルモンのテストテロンが酵素の1種5αリダクターゼと結びついて変性し、DHT(ジヒドロテストステロン)になること。髪には、成長期・退行期・休止期という毛周期と呼ばれるサイクルがありますが、DHTはこの毛周期を乱し成長期にある髪の脱毛を引き起こします。また、休止期から成長期に移行しない髪も増えてしまい、結果として薄くなります。これがAGAが起こるメカニズムです。

AGAになったらクリニックへ!

AGAが疑われる症状が起こったら、速やかに対処して進行させないようにすることが大切です。明らかに抜け毛の量が増えた、特に細くて短い髪が抜けている、額の生え際や頭頂部が薄くなっているといった症状があれば、AGAの疑いは濃厚でしょう。育毛シャンプーや市販の育毛剤を使うといった対処法もありますが、最も良いのはAGA専門クリニックを受診することです。市販の育毛シャンプーや育毛剤のなかには、AGAに対する効果が疑わしいものもあり、改善が見られないまま使用している間に薄毛が進行してしまう恐れがあります。AGAの治療は早い段階で始めるほど効果も出やすく、費用も抑えられますので、気になった段階でクリニックに相談に行くといいでしょう。多くのAGA専門クリニックで、初回のカウンセリングを無料で行っています。